THE 福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークスの2chまとめ特化サイトです!福岡ソフトバンクホークスファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/03(日) 03:12:36.94 ID:cVgYgsDp9
    「ソフトバンク春季キャンプ」(2日、宮崎)

    3年目の正直なるか。田中正義投手がキャンプ初日から2日連続でブルペン入り。力ある直球をミットめがけて投げ込んでいる。

    5球団競合の末にドラフト1位でプロ入りした右腕だが、不本意な2年間を過ごしてきた。1年目は1軍登板なし。
    昨季はデビューを果たして序盤に中継ぎで10試合登板したものの勝ち星はゼロ。交流戦前に抹消されると、そのまま表舞台から姿を消した。

    プロ入り前から懸念されていた右肩の不安は消えているが、力を発揮できなかった。
    それでもファームのコーチは「球の力は一軍で通用するレベルに戻っている。あとは自信を持って臨んでほしい」と期待を寄せる。

    「もう後がないと思っています」と語る田中だが、首脳陣はキャンプA組スタートという形で背中を押した。
    初日のブルペンは千賀滉大のすぐ横で投げていたにもかかわらず、その直球の威力には目を奪われた。
    明らかに強くて、速い。大学時代に最速156キロをマークした頃のような魅力を取り戻しつつある。

    「昨年より良くなっている感覚はあります。でも、まだ工藤監督からフォームを指摘されるように、シュート回転する球もある。
    『下で粘れないと、そのツケが球に出るよ』と言われています」。
    2日は、多くの投手がキャンプ2連投を回避した中、田中は体に覚え込ませようと50球あまりを投げ込んだ。

    心なしか報道対応の振る舞いも変わってきた。表現が難しいが、以前より心の余裕が感じられる。
    無限の可能性を秘める背番号25がいよいよ開花の時を迎えるのか。暖かな宮崎で、そのつぼみは確実に膨らんできている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000075-dal-base

    引用元: ・【野球】ソフトバンク・田中正義 3年目の正直へ「昨年より良くなっている」

    【【野球】ソフトバンク・田中正義 3年目の正直へ「昨年より良くなっている」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/02/01(金) 14:04:35.55 ID:fnisL7rq9
    沿道に詰め掛けた宮崎のファンに手を振る(オープンカーの左から)工藤監督、中村晃、柳田

     ソフトバンクが春季キャンプ地の宮崎入りした31日、宮崎市の中心部で歓迎パレードがあった。昨年の日本一チームを祝福しようと沿道には5万人(主催者発表)が詰めかけた。

     出発前のセレモニーで工藤監督が「今年は何が何でもリーグ優勝、そして連続日本一になるため、暖かい宮崎で強い体と精神力を養いたい」と決意表明。主力選手らがオープンカーなどに乗り込み、市役所前を起点に約1・5キロを移動、笑顔でファンに応えた。宮崎に到着した時に降っていた雨は上がり、空には晴れ間ものぞく中でのパレードとなった。

     ソフトバンクのキャンプは宮崎・生目の杜運動公園で2月1日から28日まで行われる。

    2019年01月31日 19時31分 
    https://www.nishinippon.co.jp/sp/nsp/hawks_flash/article/483519/ 

    引用元: ・【野球】日本一ソフトバンクを5万人が歓迎 キャンプ地宮崎でパレード

    【【野球】日本一ソフトバンクを5万人が歓迎 キャンプ地宮崎でパレード 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/01/31(木) 20:34:00.24 ID:bBMMvhzap
    優勝→何回もした
    日本一→何回もなった
    エース→育てた
    中継ぎエース→育てた

    引用元: ・【悲報】工藤公康さん、もうソフトバンクでやることがない

    【【悲報】工藤公康さん、もうソフトバンクでやることがない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/30(水) 19:30:32.03 ID:3n69j4E59
    昨秋、ソフトバンクを戦力外となった吉村裕基外野手(34)が30日、現役続行の意思を明かした。
    昨年11月4日、球団から「退団者」としてリリースされ、12球団トライアウトも受験したがオファーはなかった。

    「まだまだやれると思っているし、1度、ユニホームを脱いでしまったら、また選手としてグラウンドに戻るのは難しいですから」。
    キャンプインを2日後に控えたこの日も、吉村は福岡市内で孤独な練習に打ち込んだ。「もうキャンプなんですね。不思議な気持ちがします。
    でも、(退団後から)ずっと練習を続けているし、昨年以上に打撃もいい感じです」。バットを振り込んだ後、筋力トレで汗を流した。

    厳しい現実は理解している。NPBへの復帰を第1希望にしながら海外にもアンテナを広げるつもりだ。昨季は1軍昇格がなかった。
    世代交代の波を肌で感じたが、負けるつもりはない。昨年、クリスマス直前に誕生した第1子である長男にユニホーム姿を見せたい。そんな思いも背中を押す。
    独立リーグからのコーチ要請も断り、バットマンとしての道を模索。
    「厳しい1年になることは分かっています。でも、まだ可能性にチャレンジしたい」。通算131発男は「朗報」を待つ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00464417-nksports-base

    引用元: ・【野球】元ソフトバンク吉村(34)、独立リーグからのコーチ要請も断り海外も視野に現役続行の意思

    【【野球】元ソフトバンク吉村(34)、独立リーグからのコーチ要請も断り海外も視野に現役続行の意思 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/01/29(火) 08:35:50.10 ID:oDSb3XCM0
    工藤監督が視察したブルペンでルーキーたちが必死に腕を振る中、加治屋は肩の状態を確かめるように軽めのキャッチボールを行った。

    投手陣に求められている春季キャンプ初日の2月1日のブルペン入りには程遠い状態。昨季フル回転した右腕がA組から外れることが確実となった。

     「痛みがあるわけではないけど、思ったように調子が上がってこない。無理して焦るのもよくないので、しっかり開幕に1軍にいられるようにやっていく」。

    軽いキャッチボールとともに、ウエートトレーニングやケアを入念に行い、筑後のファーム施設を後にした加治屋は、あくまで軽症であることを強調した。

     変調をきたしたのは、年が明けてから。昨年は日本シリーズ終了後も12月までボールを投げていた。キャンプ初日のブルペン入りを想定し、疲労回復のためにいったん肩を休め、再び状態を上げようとしたところで違和感を覚えたという。 

    引用元: ・【悲報】ソフトバンク・加治屋蓮 右肩故障でリハビリ組からスタート 開幕絶望

    【【悲報】ソフトバンク・加治屋蓮 右肩故障でリハビリ組からスタート 開幕絶望 】の続きを読む

    このページのトップヘ