THE 福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークスの2chまとめ特化サイトです!福岡ソフトバンクホークスファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    FA

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/12/08(土) 12:08:26.25 ID:F30IefFX0
    オリックスから国内フリーエージェント(FA)宣言した西勇輝投手(28)が7日、阪神入りを表明した。大阪市内のホテルで3度目の交渉に臨み、直接出馬した矢野燿大監督(50)の熱意を受けて即答した。ソフトバンク、DeNAからも声をかけられたが、同じ関西の球団を選択した。4年契約の総額10億円(金額は推定)で、背番号は「16」。近日中に入団会見を行う。

    12球団引退、退団、戦力外選手

     約1時間、矢野監督との初めての交渉を終えた西は、背筋を伸ばして取材に対応した。迷いを断ち切った表情で語った言葉の端々から強い決意と覚悟がにじみ出た。

     「決まりました。阪神タイガースさんに、お世話になることに決めました」

     野球人生の岐路で悩み抜いた1カ月だった。残留交渉を続けてきたオリックス、巨大資金が武器のソフトバンク、DeNAも含めて全球団とそれぞれ2度ずつ交渉。阪神とは唯一3度目の交渉に及んだ。「環境を変えたくなかった。悩んで相談して、いろんな人の力があって、こういう結果に至った」。同じ関西を拠点とする新天地を選択。条件面を判断材料とするならば4年10億円の阪神よりも他球団を選んでいた。阪神を選択した決め手は、一番に求めていた「誠意」だった。

     「矢野監督からは“ファンを喜ばせたい”という言葉がありまして、球場に来てくれる方と、ともに頑張りたいと思ったので、そういう言葉を聞けて本当に嬉しかったです」

     05年優勝監督の岡田彰布氏や、安藤育成コーチが現役時代に付けていた背番号「16」を用意されたことも含めた阪神側の熱意と、矢野監督の思いに共鳴した。

     10年間在籍したオリックス時代では経験しなかった過熱報道の洗礼を受けた。先月28日に一部で「阪神決断」が報じられ、即日自身のブログを更新して火消し。「現時点で決断していることは何一つありません」。言動に慎重姿勢を強いられ、結果、今オフFA市場の大トリとなった。

     通算74勝の実績からも、いきなり来季の開幕投手の候補に挙がる。今季は自身初の開幕投手を務めてもいる。指揮官は競争を打ち出しており臨むところだが、「まあ、これから考えたいと思います」と闘志を内に秘めるにとどめた。その上で「1年間ケガなく投げきることが大事。チームの勝利に貢献できるように1イニングでも長く投げたい」と言い切った。17年ぶり最下位から逆襲に転ずる猛虎希望の日は、ニシから登る。(湯澤 涼)



    なんで?

    ソフトBより5億円下回っても…西 阪神入り決め手は2つ


    引用元: ・【悲報】ソフトバンクさん、金はあるのに誰も入団してくれない

    【【悲報】ソフトバンクさん、金はあるのに誰も入団してくれない 】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 19:53:08.76 ID:BV6LLL9sd
    いち早く、しかも最高の条件を提示したのに、西武からFAの浅村、オリックスからFAの西の獲得にいずれも失敗したソフトバンク。浅村は楽天、西は阪神を選択した。平成通算最多の日本一7回を記録した“球界新盟主”に何が起こったのか。

     11月30日、福岡市内で行われたソフトバンク球団のスポンサーパーティーにビデオメッセージで登場した孫オーナー。レギュラーシーズン2位からの2年連続日本一達成を評価しながら、新たに注文も出した。

     「1番以外は嫌なんです」。来季のリーグV奪回と日本一3連覇を厳命したのだ。「来年は何が何でもまた日本一を。そして、今度はシーズンを通して文句なしのチャンピオンを祈念して、ぜひぜひ応援したい。私も球団の一員として、しっかりと体制を作っていきたい」と力を込めた。

     しかし、孫オーナーの至上命令に水を差すかのように、浅村&西争奪戦では、ダブル獲りどころか連敗。浅村に4年総額28億円、西にも4年総額15億円といわれる破格の条件提示を行ったのに、なぜ敗れたのか。

     「ウチは本当に強くなったよ。勝つのが当たり前になった」と王貞治球団会長が断言する通り、昨季日本新記録の54セーブをマークした守護神サファテを故障で欠いても、代わりに配置転換した森がいきなり37セーブを稼ぎタイトルを獲得。日本シリーズでも強肩捕手の甲斐が育成選手出身で史上初のMVPになるなど、「人材の宝庫」ぶりを実証した。

     FA選手にとっては、突然どんなライバルが現れるかわからない、ハードルの高すぎるチームかもしれない。

     破格の高待遇で入団したとしても、結果を出せなければ、その分反動も大きくなる。それで尻込みする。浅村、西にもそんな本音が見え隠れする。「補強と育成」の二枚看板で球界新盟主の座に就いたソフトバンクだが、来季からの新元号時代には、生え抜きスターの柳田に象徴されるように「育成」のウエートが大きくなるだろう。

     6日に福岡で行われた新入団選手発表でも、ドラフト1位の甲斐野(東洋大)はじめ新人7人のうち5人を大学、社会人出身の即戦力が占めたのも象徴的だ。(江尻良文)



    強いって大変やね…


    引用元: ・ソフトバンク、浅村&西獲りに失敗 「勝つのが当たり前」の強さが仇に…

    【ソフトバンク、浅村&西獲りに失敗 「勝つのが当たり前」の強さが仇に… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/12/06(木) 11:32:05.05 ID:IXIpeuX/0
    2005 大村直之(兵庫)
    2007 小久保裕紀(和歌山) *出戻り
    2011 細川亨(青森)
    2011 内川聖一(大分)
    2012 帆足和幸(福岡)
    2013 寺原隼人(宮崎)
    2014 中田賢一(福岡)
    2014 鶴岡慎也(鹿児島)

    引用元: ・【悲報】ソフトバンクさん、九州人以外FAで獲得できなくなる

    【【悲報】ソフトバンクさん、九州人以外FAで獲得できなくなる 】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: shake it off ★ 2018/11/27(火) 17:19:59.63 ID:CAP_USER9
    負け惜しみか、それとも偽らざる本音か。西武からFA宣言した浅村栄斗内野手(28)の獲得に失敗したソフトバンクの王貞治球団会長(78)が本紙の直撃に応じ、FA補強のメリットとデメリット、若手の台頭への思いなどを熱く語った。
    今年はレギュラーシーズン2位からの勝ち上がりながら2年連続の日本一を達成。3年連続の頂点に向けて、ベテランの奮起も欠かせないと訴えた。

     FA市場のメインターゲットだった浅村は楽天入り。ソフトバンクにとっては手痛い事態となった。ただ、落ち込んでばかりはいられない。王球団会長はチーム、そして若手ナインにハッパをかけるようにこう強く訴えた。

    「FAというのは両方あるわけだよ。うまくいけば若手にとっては出るチャンスが少なくなるが、うまくいかなければ若手の伸びるチャンスが生まれるということでね。どうなってもチームとして前へ進めばいい。チームなりにやっていけばいいこと」

     確かにFAで戦力をかき集めた弊害として、生え抜きの若手が伸び悩むという例は他球団にも多々ある。逆にプロ入り時は無名でも自力でチャンスをつかんで羽ばたく若手もいる。その最たる例が“甲斐キャノン”の異名で大ブレークした甲斐だろう。
    自慢の強肩だけでなく12球団一の選手層を誇るチーム内で自らを磨いたことで、総合力もアップして現在の地位にまで上り詰めた。王会長が望むのは、甲斐に続く若手の台頭だ。

     かねて王会長は「とにかくチーム内の競争が激しいからさ。(選手たちは)チーム内で勝つための技術向上を図っている。それこそ2年前だったら誰も知らなかった拓也(甲斐)が、ああやって勝ち取ったことで、あれだけ(メディアなどで)大きく扱われる。野球界は自分が頑張ればそういうチャンスが起きるんだよ」とも話していた。

     浅村の補強が不要だったと言えば強がりになるが、若手のブレークに加えて実績十分のメンツが揃うベテラン組の踏ん張りがあれば、補うことはできる。
     王会長は初のベストナインに選ばれた35歳の松田宣についても「初めてというのが意外だが、2度、3度とチャレンジしてほしい。今は体の手入れとか鍛え方、本人たちの意識もある。40歳くらいまでやる強い気持ちでね。体の方がついていくから」と声を大にした。

     過去を振り返っても仕方がない。「ベテランだけの力でも若手の力だけでもダメ。一年戦うためには両方必要だから」。王会長の目は早くも日本一3連覇に向いている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000057-tospoweb-base

    引用元: ・【プロ野球】 浅村獲得失敗 ソフトバンク王球団会長が語るFA補強のメリットとデメリット

    【【プロ野球】 浅村獲得失敗 ソフトバンク王球団会長が語るFA補強のメリットとデメリット 】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひかり ★ 2018/11/20(火) 19:34:42.88 ID:CAP_USER9
     ソフトバンクの三笠杉彦球団統括本部長は20日、ヤフオクドームで取材に応じ、西武から国内フリーエージェント(FA)宣言した
    浅村栄斗内野手(28)から断りの連絡が来たことを報告した。

     夕方頃に浅村の代理人からメールが来たことを明かし、「大変申し訳ないが、他球団でプレーするという連絡があった。結果は出なかったが、
    最大限の誠意あるオファーをしたが、残念」と話した。

     ソフトバンクは5年ぶりのFA補強に乗り出しており、浅村のほかに、オリックスの西勇輝投手(27)とも交渉している。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000153-spnannex-base

    引用元: ・【野球】ソフトバンク、FAの浅村から断りの連絡「他球団でプレーするという連絡あった」

    【【野球】ソフトバンク、FAの浅村から断りの連絡「他球団でプレーするという連絡あった」 】の続きを読む

    このページのトップヘ